小児の高血圧予防のために工夫して作るレシピ

小児であっても塩分が多くてミネラルが少ない食事をすれば、高血圧になる可能性があるため、レシピの工夫をして対処する必要があります。
最近では栄養価が乏しいスナック菓子を食べ過ぎて、食事の前には満腹になってしまうことがありますが、間食用のおやつにも工夫を施すようにすれば問題を解消できます。

小児が好きなハンバーグを作る場合には、完熟したトマトをソースの材料で使うことで、薄味であってもグルタミン酸の濃厚な旨味を引き出せます。
ハンバーグの中身には、脂肪分を減らすために豆腐を少しだけ加えて、人参と玉ねぎのみじん切りを一緒に入れておけば、栄養バランスが素晴らしくなります。
肉料理の中に野菜を一緒に入れておけば、カリウムの働きで過剰な塩分が除去されて、高血圧のリスクを軽減できます。

カレーも小児が好む料理ですが、中にはハンバーグと同様に人参をジュースの状態にして入れて、甘味を十分に引き出します。
カレーの具材を炒める段階では、パプリカやジャガイモも入れるようにすると、カリウムの量を大幅に増やせます。
カレーのルーは市販されているものを使いますが、煮汁の中には旨味が豊富なトマトを入れておけば、薄味にしてもコクがしっかりと残ります。
このレシピの応用で、野菜が豊富なハヤシライスを作る場合には、デミグラスソースを加えると美味しさが増します。

和食を作る場合には、味噌汁は高血圧予防のために避けることがありますが、工夫をすれば小児でも安心して食べられます。
減塩の味噌を使いながら、具材にはカリウムが豊富な海藻や根菜を多くして、汁を少ない状態にすれば健康的です。
洋風のスープを作るときには、色が濃い緑黄色野菜をペースト状にして加えて、ポタージュにして仕上げることもおすすめです。